2013年11月30日土曜日

Faywood Hot Springs (2) Silver City 観光


上の画像をクリックして画像を拡大
夜明け前のキャンプ場 今日は曇り


朝食後、温泉へ。今朝は他に誰もいない貸切状態


トラックでSilver City へ向かう。


Silver City のダウンタウンの裏路地にトラックを停めて、アートギャラリーを見物。


Diane's Restaurant で昼食。




同じレストランが経営するベーカリーで 明日の朝食用にパンを購入。



無料の馬車に乗り、メインストリートを一往復。




上の画像をクリックして画像を拡大
再びアートギャラリーを見物


Silver City Museum を見学


上の画像をクリックして画像を拡大
町を後にし、Museum で教えてもらった Open Pit Mine を見に行く。世界で3番目に大きい銅鉱山。

Silver City は期待していなかったが、思ったよりも観光に力を入れている街であった。
キャンプ場へ戻り、夕食はラビオリ。夕食後はキャンプファイヤー、子チャック達を寝かしつけてから 暗闇の温泉、今晩も貸し切り。

2013年11月29日金曜日

Faywood Hot Springs (1)


今日も午前中、子チャック達は宿題。キャンプ場のチェックアウトが正午なので、キャンパー移動の準備をしながら、昼食はカップラーメン。午後12時30分、キャンプ場を出発する。公園内をぐるっと一周り、このキャンプ場はやはり岩の間にあるキャンプサイトに泊まらないと魅力が半減。次回来た時はエレクトリックサイトではなく、岩の間に点在するノンエレクトリックサイトにしよう。
公園を後にし、すぐ近くにある Faywood Hot Springs へ。 入口ゲートで予約してある旨を告げ、料金を払う。フルフックアップのRVサイトは $37.50/泊 (大人二人) で子供は$10/人の追加料金。

指示されたサイト15番にキャンパーをセットアップする。
隣のバスコンバージョンのRVはなんかスゴイなぁ。動くのかなぁ? このキャンプ場はヒッピーのような人が多いいなぁ。
とりあえず、どんな温泉か? まずは見に行ってみよう。

宿泊客専用浴場 水着の着用義務はない。


水着着用義務浴場に3つあるプールの一つ (湯温40℃)


同じく水着着用義務浴場に3つあるプールの一番上(湯温43℃)


同じく水着着用義務浴場に3つあるプールの一番下 (湯温はぬるい)

この3つのプールと同じ構成で水着着用義務のないヌーディスト浴場もあるが、写真は撮影できなかった。これ以外に別料金のプライベートバスなどもある。


キャンパーに戻り、水着に着替える。この日のためにamazon でバスローブを購入。


我が家は当然 40℃の水着着用義務浴場へ。
親チャックは最後に43℃のお湯で体を温めてから、キャンパーへ戻る。


炭を熾して、夕食はキャンプの定番 鶏手羽の炭焼き。


ラッキーな事にこのキャンプサイトはキャンプファイヤーができる。


子チャック達が寝てから親チャック二人で再び温泉へ。他に誰もいない貸切状態。

2013年11月28日木曜日

City of Rocks 州立公園 (2)



今日はThnaksgiving day快晴。 ところが子チャック達は今回も山のような宿題を抱えているため、午前中はずっとキャンパーの中で過ごす。これでは何のためにキャンプに来たのかなぁ?
昼食後も宿題の続き。午後1時過ぎになってやっとキャンパーを出て、公園内をハイキング。


Thumb up!




上の画像をクリックして画像を拡大
何もない沙漠の中、ここだけに奇岩群。大昔Gilaの火山から飛んできた超巨大火山岩が砕けたもの








上の画像をクリックして画像を拡大




エレクトリックキャンプサイト




上の画像をクリックして画像を拡大


キャンパーに戻り、炭を熾し、ダッチオーブンでThanksgiving dinner の準備
我家の定番 鶏の丸焼き のはずが ママチャックが野菜を入れすぎたのと、パパチャックがビールを少し入れてしまったため、鶏の丸煮になってしまった。見かけは悪いが美味しい。

今晩は快晴、月の入りが 午後2時すぎと早いので、星空がきれいだ。パパチャックは暗闇の中グループキャンプサイトまで行って、星空の撮影。

もっと広角の明るいレンズが欲しい!

2013年11月27日水曜日

City of Rocks 州立公園 (1)



Thanksgiving Holiday は3泊か4泊の旅行で、あまり遠くまで行くことはできないし、暖かい所ということでニューメキシコ州南部を何度も訪れている。 これまでに Rosewell、Carlsbad、Alamogodo、Las Cruses などを訪れていたが、他に行くところはないか? 2007年夏に訪れた City of Rocks 州立公園の隣、長期間閉鎖になっていた Faywood Hot Springs が 今年営業を再開したと、 レイニーに教えてもらったので、今年の Thanksgiving Holiday は City of Rocks 州立公園と Faywood Hot Springs を訪れることにした。

子チャック達の学校は Thanksgiving day の前日 水曜日から休校なので、 パパチャックとママチャックは 一日有給休暇を取得し、水曜日朝から出かける予定を立てていた。 ところが、パパチャックはそのことをすっかり失念、水曜日も仕事の予定を入れてしまった。 急遽仕事相手に水曜日早朝来てもらうことを頼み、パパチャックは水曜日朝6時から仕事、なんとか仕事を午前8時に終わらせ、急いで家に戻る。その間にママチャックはキャンパーに荷物を詰め込み、キャンプの準備。午前8時40分、キャンパーにもトラックにも週末に降り積もった雪を載せて我が家を出発する。山を下り、Santa Fe から 州間道I-25号線 をひたすら南下、Albuquerque の南、Las Lunas のWalmart の駐車場にキャンパーを停め、となりの Panda Express で昼食。
I-25 号線をさらに南下、 唐辛子の町 Hatch でI-25 号線を降り、給油。州道26号線を 西へ、Deming の町を目指す。 Deming の手前で、国道180号線を北へ、Silver City を目指す、Deming とSilver City のちょうど中間辺り、州道61号線を東へ、暫く行くと右手に Faywood Hot Springs、そこを通り過ぎ、次の交差点を左折、突き当りが City of Rocks 州立公園。


上の画像をクリックして画像を拡大
午後4時15分予約してあった エレクトリックサイト#8 に到着。


今日一日中曇だったが、きれいな夕焼け。明日は晴れるだろうか?

2013年11月24日日曜日

アラームクロックの作製(1)

長年構想を温めていた寝室用アラームクロックの作製にとりかかる。Popular Science 2010年4月号に掲載された記事を元にまずはブレッドボードでプロトタイプの作製。
Populara Science の記事は 電波時計の基本機能だけで、表示する時間はグリニッジ標準時で、曜日の計算もない。そこでこちらのサイトを参考に、表示時間をニューメキシコ州の属する山岳時間に変更、夏時間と曜日の計算も加える。
曜日ごとに特定の時間が来たらアラームの表示が出るようにプログラムしたところで今週末はお終い。


アンテナがつながっている手前の緑色の基板がコロラド州Fort Colins からの電波信号を受信するWWVBレシーバ。赤色の基板がReal Time Clock。液晶ディスプレイの隣が Arduino Duemilanove。

スモークサーモン


月曜日の天気予報では金曜日は雪だが、土日は晴て少し暖かくなり冷燻に調度よい気温になるはずだった。そこで冷凍塩漬けにしてあった鮭を冷蔵庫に移し、解凍する。土曜日には塩抜きをし、ガレージの中に干し、オイル漬けにする。ところが天気予報はハズレ、木曜日晩から降ったりやんだりの雪がいつまでたっても終わらない。土曜の夜から日曜の朝にかけてまとまった雪が降り、雪掻機が使えるくらい雪が積もった。日曜日の午後になってやっと雪がやみ、雲の間から時々陽が差すようになった。その間に燻製を済ませてしまおう。

燻製後のサーモン

2013年11月19日火曜日

Asus Memopad HD7

年末年始は飛行機、列車で旅をする予定で、我が家の重たいラップトップPCは持ち歩きたくない。そこでパパチャックの早めのクリスマスプレゼントにアンドロイドタブレットを購入した。機種選定の条件は
  • Google Play のアプリがインストールできること
  • Micro SD カードスロットが付いていること
  • 使用上問題ない程度のCPUパワーがあること
  • 電池で長時間使用できること
  • スカイプが使えるカメラが付いていること
  • 7インチディスプレイで充分きれいな動画、電子書籍が見られること
Google Nexus 7 (2013 Model) にも心を動かされたが、Micro SD カードスロットが無いため除外。これに Micro SD カードスロットがついていれば完璧なんだがなぁ。

結局コストとパフォーマンスを考えて Asus Memopad HD7 に決定。定価 $149- で元々利幅が薄い商品らしく、どこでも定価で販売していた。 ところが11月1日に モデルチェンジの噂がインターネットに流れ、価格が $129に下がった。次のモデルは現行機とほとんど同じで、SIMスロットが付くらしい。SIMスロットは必要ないので Amazon.com で思わずポチッとしてしまった。


これが Asus Memopad HD7
2週間ほど使用して結構満足している。このコスト/パフォーマンスと比較すると、先日購入したWindows 7 のOSだけで $120 は異常に高いと感じる。
昨年クリスマスプレゼントとして 子チャック(弟)に買った Coby の$60 アンドロイドタブレットは マルチタッチじゃないし、Google Play のアプリがインストールできなくて使い物にならなかったけれども、これなら充分使える。
画面解像度も7インチならこれで充分、これに USBホスト機能がついていれば完璧だけれどもね。
前回のスモークハム、鱒の燻製の記事は Micro SDカード経由で写真をコピー、Photo Editor で写真を加工、アップロードし、Jota+ でテキストを書き、Bloggeroid でアップロードしてみた。
パパチャックは 未だにHTML構文をテキストエディタ上でコピー・ペーストしているのだけれども このテキストの選択がタブレットでは難しく面倒、これがタッチUIの最大の問題だね。


タブレットと同時に専用ケースも購入。 Poetic社のケースで約 $8-。
Memopad のスイッチと ボリュームが後ろから押すタイプのため、ケースのその部分(写真の左上)がカットされているのとタブレットを手でホールドするためのバンドが付いている。
コスト/パフォーマンスを考えると満足だが、難点は Micro SD カードの抜き差しが面倒であること。

2013年11月17日日曜日

二階の床をハードウッドフロアに (2)

先週末の続き、子チャック(兄)の部屋の床貼り。


床材貼りの一番最後

壁と床材の隙間が幅木で隠すには広すぎるし、もう一枚床材を貼るには狭すぎる。Kährs の床材は構造上 3インチ(76mm) 以上の幅がないと強度が出ない。う~ん困った。Kährs の施工手順書にはこのようなことを避けるため、最初に貼り始める床材の幅を調節するよう書いてあるが、何しろ2つの部屋間の廊下を昨年のうちに施工したので、それは無理。


床材の接合部に接着剤を塗り、2枚の床材を繋げて一晩置く。


壁までの距離を測り、丸鋸でカット。


最後の床材をインストールできた。


幅木、ドアをインストールし、家具も戻して、我が家の床貼り完了!
床材は1枚も残らず、ぎりぎり使い切った。足りなかったら結構やばかったね。

2013年11月11日月曜日

二階の床をハードウッドフロアに (1)

床暖房工事で一階の床をハードウッドフロアにした時、かなり床材が余った。 そこで床材を少し買い足して、二階もハードウッドフロアにすることにした。
二階には子チャック達の子供部屋が2つある。 まずは弟の部屋の家具、荷物をすべて、兄の部屋に移動する。


以前作製し、床に固定したビルトイン家具も外して兄の部屋へ移動。
ドアと幅木(Baseboard)も外す。


絨毯(Carpet)、フェルトーフロアパッド(Carpet Pad)、グリッパー(Tackless strips)を外す。


床を掃除し、青い下敷材(Underlayment)を敷いて Kährs の Engineering Hardwood を施工する。


床を張り終えたら、幅木、ドアをインストールして、ビルトイン家具を壁に固定する。


次は兄の部屋。荷物、家具をすべて弟の部屋へ移動。同じようにドア、幅木も外す。


絨毯(Carpet)、フェルトーフロアパッド(Carpet Pad)、グリッパー(Tackless strips)を外す。


パパチャックは外した絨毯、フロアパッドを町のエコステーションまで捨てに行く。
ついでに 廃エンジンオイル、リサイクル金属、リサイクルガラス、廃電気製品も捨ててくる。

兄の部屋に床材を貼り始めたところで、時間切れ。 今週末に2つの部屋の床を貼り終えることはできなかった。
週中、子チャック達は弟の部屋にベットを2つ並べて、狭い中で過ごしてもらうしかない。