2013年11月2日土曜日

給湯器排気ベントキャップの修理

8月下旬、デッキに黒いプラスチック製の何かが落ちていた。

これはなんだろう?

これが給湯器の排気ベントキャップだと気づいたのが9月、昨年給湯器等のインストールをお願いしたジムに電話して、壊れた旨を伝えた。
ジムが交換用パーツを持ってきてくれたのが、10月16日。ちょうどロスアラモスに雪が降り、屋根にはうっすらと雪が積もっている。この状態ではジムに交換をお願いするわけにもいかず、ジムは"I would ~" と言い出す。アメリカ人がI would ~ と言い出すときは、「僕はやらないよ! でも僕が君だったら ~ するけどね。」という意味。 ジムはもう二度と我が家の屋根には登りたくないみたい。なんかジムはわざわざ雪の日を狙ってパーツを持ってきたのではないだろうか?仕方がない自分で治すしかないか。

これがジムが持ってきたパーツ。

我が家の給湯器の給排気管は外側が吸気、内側が排気の二重になっている。
壊れたのは内側排気管のベントキャップだけなのだが、これだけ交換するわけには行かないらしい。ジムが持ってきてくれたパーツを調べても排気ベントキャップだけを外すことができない。ジムは屋根に突き刺さっているこの給排気管全体を交換するしかないといっていたが、それは大工事だ。あの傾斜のきつい屋根の上でそこまでやる自信がない。ジムがせっかく持ってきてくれたが、このパーツを使うことは諦めて、一般的な金属製の3インチベントキャンプを取り付けることにした。

先週金曜日に Santa Fe のHome Depot で ベントキャップを購入。今日取り付けることにする。

ベントキャップ下部にプラスチックベント管に取り付けるためのネジ穴を開け、インパクトドライバー、ネジ、黒スプレー缶、コンパクトデジカメを持って、屋根に上がる。

パパチャックはちょっとへっぴり腰?
ちょっとでも足を滑らすと転げ落ちそう。
反対側は数百メートル下に谷がある。


ベントキャップを何とか取り付けて、 スプレー缶で黒く塗装。

上の画像をクリックして画像を拡大
屋根の上から Santa Fe 方面 Sagre de Cristo 山脈を望む。
あ~ぁ、怖かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿