2014年12月31日水曜日

クリスマス休暇 アリゾナの旅(12) Los Alamos へ



午前5時起床。外は-8℃ 寒い!。向かいのGas Station でトイレを借り、コーヒーを淹れ、Weather.com の Map を見る。
やはり Havasu Lake から Flagstaff にかけて雪。予定を一日早めて出てきたのは正解だったようだ。
明るくなってきた 午前7時過ぎ、RVパークを出発。Albuquerque から I-25線を北上。

午前10時20分 Los Alamos に到着。昨夜は雪だったようで、町には薄っすらと雪が積もっている。今シーズン初めて 雪掻き機で雪掻きしてから キャンパーをドラブウェイにしまう。

2014年12月30日火曜日

クリスマス休暇 アリゾナの旅(11) Dacing Eagle Casino



予定では 31日まで この州立公園に滞在し、帰路の途中で新年を迎えるつもりでいたが、天気予報によると明日、帰路途中 一番標高が高い Flagstaff は積雪 30cm 以上の大雪。なるべく雪道は運転したくないので急遽予定より一日早く帰ることにする。
辺りが白み始めた 午前7時半 (ここはMountai Time の一番西、日の出は遅い。) トラックを繋いでキャンプサイトを出発。

上の画像をクリックして画像を拡大
Dump Station ですべてを排水、簡易 Winterization を済ませてから 午前8時 Havasu Lake 州立公園 を後にする。


午前10時30分 Seligman の Gas station で トイレ休憩。そして 13時30分 Holbrook 手前の Shell で 給油と昼食。

17時50分、I-40号線を Casa Blanca で降り、 Laguna 族が経営する Dancing Eagle Casino 併設の RVパーク に到着。
後3時間頑張れば Los Alamos まで帰れるのだが、暗くなったし、あまり無理はせず今晩はここに泊まることにする。
キャンパーを停め、スライドアウトを出して、まずは Casino へ。ここでトイレを借り、パパチャックは Players Club に入会する。Players Club の会員ならばここの RVパークが$10/night で泊まれる。一般のRVパーク の表示料金は たいてい大人2人込料金で、家族4人連れであるとさらに 子供2人分の料金を追加しなければならず、結構高くなってしまう。
ここのRVパークは子供の有無に関係なく$10/night で泊まれるので、ここに泊まることにしたのだ。
ただRVパークの事務所はすでに閉まっていて、トイレも使えない。簡易 Winterization を済ましたので、キャンパーでは一切水は使えず、トイレはCasino か 道路反対側のガソリンスタンドのトイレを利用するしかない。

2014年12月29日月曜日

クリスマス休暇 アリゾナの旅(10) Havasu Landing Resort & Casino



今日は フェリーに乗って、対岸のカリフォルニア州のカジノで 昼食を摂ろう。午前10時20分にトラックでキャンプ場を出発。London Bridge のビジターセンターに立ち寄り、フェリー乗り場でチケットを購入。(往復$2/人)


あのフェリーに乗るよ。


午前11時発のフェリーに乗り込む。往きは寒いので船室内でくつろぐ。


対岸のカジノが近づいてきた。


Havasu Landing のマリーナへ到着。ここはカリフォルニア州。

上の画像をクリックして画像を拡大
カジノ隣のレストランへ。このレストラン、眺めは最高。対岸はHavasu Lake City


親チャックはポップコーンシュリンプ


子チャック(兄)はチキンウィング


子チャック(弟)はマカロニ&チーズ

昼食後 12時半の便で Arizona 州へ戻る。帰りはパパチャックと子チャック(兄)は2階のオープンデッキへ。

上の画像をクリックして画像を拡大
航行中のフェリーからパノラマ撮影

トラックで郵便局、食料品店に立ち寄ってからキャンプ場へ戻る。


一休みしてから、皆でサイクリング、昨日パパチャックが下見した島を一周。キャンプ場へ戻る。



上の画像をクリックして画像を拡大

キャンプ場へ戻り、急遽 明日帰ることにしたので、トラックに荷物を詰め込み、明日の朝すぐ出発できるようにしてから就寝。

2014年12月28日日曜日

クリスマス休暇 アリゾナの旅(9) Copper Canyon Boat Tour




今日は州立公園のハイキングコースを歩いて、London Bridge まで行こう!

上の画像をクリックして画像を拡大




もうすぐ London Bridge

午前11時半に London Bridge 下の波止場から出発する Copper Canyon のボートツアーに参加するつもりでキャンプ場を出てきたのだけれでも、 午前11時半出発のツアーはもう満席だって、 そこで午後1時出発のツアーの参加者リストに名前を記入。昼食後もう一度出直してくるか。


でもその前に London Bridge を歩いて渡ってみよう。









波止場に戻ってきたのが午前11時15分。11時半出発ツアーの集合時間、でもまだ席が開いているようだ。搭乗リストに名前記入しても実際に来ない人もいるだろう。だって前金も予約金も必要ないんだから。しばらく待つから席が開いているなら11時半のツアーに参加したいと伝え、11時半まで待つ。


11時半のツアーに参加できたよ。(大人$20、子供$10)






Copper Canyon に到着


春休みから 9月 のLabor Day にかけ、連休にはこの小さな入江に数百隻というボートが集まり パーティーが模様をされるそうである。そんな写真をみた時は 合成写真かと疑ったが、Youtube で検索すると本当みたい。


約1時間で London Bridge に戻ってきた。

キャンプ場へ戻り昼食。夕飯の支度を始める。


今晩はダッチオーブンで豚肉のザワークラウト煮

鍋を炭にかけている間、パパチャックは街中をサイクリング。明日皆でサイクリングするコースの下見。London Bridge を渡り、Island へ。ここに手頃な周回コースを見つけた。



上の画像をクリックして画像を拡大
島の突端。対岸は California 州


キャンプ場へ戻り、炭を足してダッチオーブンを再加熱、 煮えてきたよ。


キャンプファイヤーを囲みながら鍋とビール。


夕食後、懐中電灯を頼りに ハイキングコースを歩き、再び London Bridge へ


カジノからの渡し船がちょうど到着。明日はあの渡し船に乗ってみるか?

上の画像をクリックして画像を拡大




クリスマスライトが綺麗

上の画像をクリックして画像を拡大

2014年12月27日土曜日

クリスマス休暇 アリゾナの旅(8) London Bridge




今日はまず町のVisitor Center へ。Lodn Bridge 下にある Visitor Center


これが London Bridge。なんとこれ本物の London Bridge。
チェーンソーで一財産を築いた McCulloch氏がアリゾナの沙漠を買い取り作った町(Lake Havasu City) に人を呼び込むために 1968年、先代のLondon Bridge を London から購入。番号をつけた石をパナマ運河経由で カリフォルニアまで運び、トラックでアリゾナへ。 Lake Havasu に突き出た半島の付け根に再建築し、その後運河を掘って、島と陸地を結ぶ橋としたもの。


島側から眺める London Bridge


昼食は IN-N-OUT Burger。New Mexico にはない最近人気のハンバーガーチェーン
メニューは至ってシンプル。ハンバーガー、チーズバーガー、ダブルチーズバーガー、
フライドポテトとドリンク。キッズメニューなどはない。


ハンバーガーはたしかに美味しいのだが、肉の中がまだピンク。
日本のO157騒動以来、挽き肉を完全加熱せずに食べるのには抵抗がある。

キャンプ場へ戻って午後はゆっくり過ごす。パパチャックと子チャック(弟)は 州立公園内をサイクリング

2014年12月26日金曜日

クリスマス休暇 アリゾナの旅(7) Lake Havasu 州立公園 へ


今日は Lake Havasu City への移動日。そして After Christmas Sale の日。
空が明るくなった午前7時過ぎにキャンプ場を出発。キャンプ場に近いショッピングモール Superstition Springs Center へ。ショッピングモールはたいてい午前10時開店なのだが、今日だけは午前8時開店。一部のデパートは今日は午前6時開店だ。


トレイラーをモールの駐車場の端に停めて


でもなんか閑散としているなぁ。大した掘り出し物もない。モールの選択を誤ったか?


結局子チャック(兄)がiPhone ケースを購入しただけでモールを後にする。


州間道I-10をひたすら西へ、 Quartzsite から州道95号を北上
Parker からコロラド川沿いに Lake Havasu City へ


午後3時過ぎ、Lake Havasu 州立公園に到着。
サイトと湖の間に 雑木林がありこの辺りのキャンプサイトだけ湖が見えない。
なぜこの辺りのサイトだけ1ヶ月前でも予約がとれたか判明。


キャンパーをセットしたらSmith's へ給油と食料品の買い出し。


さすが Mojave 沙漠の町。赤いホースはレーシング専用ガソリン。
湖ではモーターボートがうなり、沙漠ではATV と モトクロッサー が走り回る。


州立公園のボートランプから湖に沈む夕日を眺め、キャンプサイトへ戻る。